生まれ変わる鉄道博物館。さらなるステージへ

みなさま、こんにちは。

今日は、模型やシミュレーションや遊戯器具等を活用しながら、体験的に学習することでき

子ども達だけでなくパパやママからも人気の高い、鉄道博物館「てっぱく」をご紹介します。

41 外観&パークs

 

エントランスにお目見えするのは、撮影スポットとしても人気のD51のカットモデル。

汽笛音とともに蒸気があがる演出にテンションが上がります♪

プロムナードD51(蒸気) 

 

鉄道好きにはたまらない、国内最大級の「模型鉄道ジオラマ」。子どもから大人まで、くぎ付けです♪

23 模型鉄道ジオラマ 模型鉄道ジオラマ2

 

メイン展示のヒストリーゾーンには、明治時代に登場した日本初の「蒸気機関車」や昭和初期に活躍した

「電気機関車」、鉄道輸送に大きな変革を与えた初代の「新幹線電車」などが展示されおり、

迫力満点の車両を体感しながら日本の鉄道の歴史を学ぶことができます♪

1号機関車 EF55 1

クハ181、ナハネフ22 0系(21-2) 

 

パークゾーンは、「ミニ運転列車」や「ミニシャトル」のなど乗車体験ができるスポットです。

「ミニ運転列車」は小学生以上限定で1周約300mの軌道を運転できちゃいます。(有料)

10時から整理券が配布されるので、要チェック!

「ミニシャトル」はエントランスゾーンかノースウィングへの移動手段として

遊園地のアトラクション感覚で無料乗車できます。

ミニ運転列車新車 ミニシャトル

 

てっぱく広場には、E5系スライダーや京浜東北線のジャングルジムなど、

電車をモチーフにしたキッズ向けの遊具が設置されています。

屋外で遊べる場所があるのは嬉しいですね!

E5系スライダー   ジャングルジム  31 広場

 

3歳までのお子様が遊べるキッズスペースには、授乳室や子どもトイレ、

ほ乳びんなどの洗浄ができる流しも完備されています。

キッズスペース2  24 キッズスペース1

 

 

【リニューアル情報】

2017年に開館10周年を迎える鉄道博物館とJR東日本創立30周年を記念して

本館のリニューアルと新館を建設中です。

これに伴い、鉄道模型ジオラマ、てっぱくひろば、ラーニングゾーンを順次閉鎖するそうです。

閉鎖時期や「さよならイベント」など詳しい情報はこちらをチェック

 

写真提供:鉄道博物館

【入場料金】

一般      1,000円

小中高学生     500円

幼児(3歳~)       200円

 

鉄道博物館

さいたま市大宮区大成町3-47

048-651-0088

施設の設備・特徴

  • ベビー休憩室
  • 授乳室
  • オムツ替えベット
  • キッズトイレ

お問い合わせ